木目

感想とかを残しておく用

龍が如く8感想

ちまちま進めていた龍が如く8クリアしたので感想。

シリーズ全部プレイしてるのでエンディングノートは懐かしい面々が出てきて良かったです。

ゲームシステムは進化や改善はしているがメインシナリオは微妙でした。かなり酷評してます。ネタバレあり。

 

メインストーリー

クリアした時最初に思った感想「なんで?」

見せたいシーンは何となく伝わるけど繋ぎ方が下手だったり掘り下げが足りなすぎて終わって全体を振り返った時に疑問点が何個も残るシナリオでした。

本当に7や7外伝と同じスタジオが作ったのか?

一番が英二をおぶって歩くシーンも、桐生が治療を選択して名前を取り戻したシーンも、なんか感動的に魅せたいシーンなんだなって事は伝わるんだけど、それに至るまでの説明や描写をちゃんと描いてないから困惑。英二は山井のアジトで映像越しに出てきたあと何があった?桐生はエンディングノートで釘を差されていたのになぜ名前を取り戻せた?

全部説明しろとは言わないけど流石に省きすぎだと思う。

一番が英二と遊んで楽しかったっていってもかなり序盤だしプレイヤー側からは全く共感できないし英二に好印象なんてない。

結局8でやりたかった事って何だったんだ?

「物語上で一番大きな目標、テーマがあること」そこがぶれてなければ途中で小目標やすこし逸れた人間ドラマがあってもいいと思う。

極は「100億を巡る抗争と親友との決着」

7は「一番と若の決着」

0は「カラの一坪を巡る抗争」など、大きな目標がわかりやすいが8にはそういった目標が散り散りになってる印象だった。

あえていうなら「それでも人生は続く」や「生き続けること」だろうか、抽象的すぎる。

8の具体的な大きな目標は「一番が荒川さんのやり残した大解散の後を継ぐこと」(元ヤクザの受け皿や沢城が継いだ第二次大解散など)だと私は思ってたけどそれを利用する敵を倒してその後は特に触れられなかった。スッキリしない終わり方。

どの要素も悪くはないんだけど描写が足りないから浅い。もう少し描きたい要素は絞ったほうが良かったのでは。

英二と一番のシーンももっと英二とのドラマがあれば感動できたし(あれを若と一番に重ねるほど感情移入できない)、茜さんと一番のシーンも砂浜のシーンは良かったけどその後はほぼ何もなかったしせっかく親が生きてたのに他人行儀だし、ラニというキャラ自身が描かれなさすぎて頑張って守ろうとも思えないし、ヤクザ嫌いの海老名が刺青いれてるのも説得力ないし、息子がとらわれてるっていうウォンとブライスの間にすごく分かりやすい因縁があるのにウォンはあっさり死ぬし、序盤にあれだけ時間をかけた佐々木は海老名に接触した後から一切出てこないし。

このようなもう少し描写すれば面白くなるんじゃないかなっていう出来事が多すぎる。

一つの大きな話にぶつ切りになる細かなゴールを沢山出されても面白くないなと思いました。ソシャゲの小出しストーリーみたいな作り。

あと一番がメインで主人公って言ってたけど完全に桐生側に寄ってたし最後も桐生で終わってた。

終わり良ければ全て良しという言葉があるように(全てではないとしても)最後に良かったって終われば多少の道中の粗は気にならなくなるけど8は逆。

終わりでえ?ってなってしまったから全体的に微妙な印象になった。

龍が如くって元々シナリオ微妙じゃんって言われたらまあそうなんだけど比較的最近のタイトル(ジャッジシリーズ含め)が良くできてたのでその落差でガッカリって感じかな。

5よりましくらいかな。新キャラは5の方が好きだけど。

 

キャラの扱い

主に大吾と真島と冴島のことなんですけど。7外伝の感動返して…。

大吾は一番大きな責任背負って本人が潰れるのもしょうがないかもしれないけど真島と冴島も一緒になってるの何。

真島は根は真面目って描かれ方をしているけど極や極2の真島が好きだから正直がっかりした。7や7外伝ではあんなに元気にしてたのに。

冴島はそれこそ4も5も主人公やってて彼一人でも十分キャラ立ちしているのに6以降は真島のおまけでしかないのが残念。

そういえば東城会解散したけど(なんなら全焼した。悲しい)冴島組って名前しかでない存在だったな。城戸ちゃんとかどうしてるんだろう。

桐生は7外伝で自分の後を任せた大吾に直接激励の言葉を伝えてたのに8では塩対応がすぎる。あなたの後をどうにかするのは一番ではなく大吾だと思う。

あと渡瀬も大吾と同じ立場なのに全く出てこなければ話にあがることもないの何で?ミレニアムタワーで元近江の人達と戦ってたけどそっちの責任取るのは元近江の方もでしょ…なんで元東城会が全部背負ってんだ。

仲間キャラの加入が雑。特に趙とハンはファミ通のインタビューによると最初加入予定はなかったがファンのことを考えて加入させたらしい。

雑に入れるなら話に関わる新キャラ(山井とか)入れたほうが新鮮みがあって面白かったのでは。7の面白かった所は目的を追って行く中で人間関係が築かれてどんどん仲間になっていく過程もあると思う。

ハンは最終章の1つ前なの遅すぎてビックリした。

不二宮千歳は最後まで好きになれなかったキャラクター。キャラの書き方がよくない。

薬飲ませて身ぐるみはいでパスポート売っぱらってハワイの浜辺に放置!物語上死なないけど下手すれば殺人だよねこれ。

もうその時点から最悪だったのでずっと好きになれず…。せめて英二に協力してた理由が大事な人を人質にとられてるなどの同情できるものであればまだ理解はできた。

リボルバーのリチャードソン。柏木、ラウに続きどう考えても死んでたキャラ生き返らせるのやめてほしい。繰り返されるとキャラの死というドラマの重みがなくなる。

沢城のカシラ。話を動かすためだけにでてきたなという印象。沢城を無罪にする理由付けで荒川真斗の罪追加してて笑った。最後も死にかけなのに放置。

最後に花輪。(この人も死んだはずの森永だったな)7外伝の方が先に出てるんだから制作順がどうであれユーザー目線では7外伝で桐生といい関係を築いた魅力的なキャラを8で雑に殺されたって印象にしかならない。

花輪とウォンが死んだシーン、メタ的に春日パーティのメンバーは不自然に誰も深手を追わず、桐生と関係がある花輪と、桐生を置いてまで連れ出したウォンを殺したから最悪。

 

ゲームシステム

7よりは良くなったんじゃないでしょうか。

7のストーリーは面白くて好きなんだけどもう一回やるとなったらバトルがだるくてできないと思う。

仲間との連携や落ちてる物で攻撃がしやすくなったのは良かった。

あとジョブ技の継承システムも良かった。色んなジョブに転職させるキッカケになったので。ハウスキーパーのソンヒが可愛かった。

これはただの個人的な希望だけど共用でもオッケーなジョブが欲しい。男のアイドルだって見たいし女のサムライだって見たい。

OKAサーファーはマップに色んなアイテムを散らしてて更にアロハリンクスっていう他人に挨拶するシステムがあるのに乗りながらそれらにアクション出来ないって不便。いちいち降りる必要がある。テストプレイで指摘されなかったのだろうか。

あと鬼子母神のお守りなんでなくしたんだ?エンカウント気にせずハワイをゆっくり歩き回りたかった。

 

スジモン

DLC買ってたのでひたすら冴島桐生真島で殴って終わらせた。

基本的にマスターお歳暮使ってましたが普通のお歳暮で失敗した時の雑な渡し方が面白かった。

曽田地が曽田地らしく描かれててよかった。6の曽田地はなんだったんや。

 

ドンドコ

のどかな雰囲気が楽しめてよかった。

最大まで解放してもゴミがポップしてくるのと、リゾートっぽいオブジェクトが少なかった点がちょっと不満。本筋ではない部分なのであまり贅沢は言わない。

色んなキャラが来てくれるのが癒やされた。元極道のおじさんたちがカメラで写真撮っててかわいいね。

 

ラジオ

アトロクコラボがよく出来ててよかった。

もしも龍が如くの世界でアトロクが放送していたら?を上手く表現できててよかった。

品田がまだこの世界で生きてることを感じ取れたのが嬉しい。あとラジオ内で合いの手の集合バージョンは不意打ちだった。笑った。

宇多丸さんがゲーム内で美味しい役を貰ってて嬉しかった。

 

エンディングノート

シズコとか太一とかファイターとかユキちゃん小雪ちゃんとか中島社長とか、桐生の人生の中で関わってきたキャラクター達を出してくれてよかった。

追憶ドラマも丁寧に描かれていて全シリーズプレイしてて良かったと思う。

ポケサーファイターやシズコや古牧のじいさんの話とか感動した。

維新や見参、OTEも少しではあるが触れられていたのも嬉しかった。随分壮大な夢だな。

良かった反面本編とかけ離れすぎているのが気になった。

本編だと桐生は多々良チャンネルに晒されて後半の方はニュースにまで出ている。そんな状況で誰も桐生の生存に触れないのが不自然。

 

絆ドラマ、宴会トーク、パーティチャット

ほのぼのしててよかった。トミーの絆ドラマが特によかった。

田中シンジの名前が出たときにうるっとした。

ソンヒが可愛かった。

 

おわり

期待しすぎた分残念な感じでした。メイン気にしなければそれなりに遊べると思う。ハワイの風景とかいい感じだし遊べる要素は多いので。

私の中の最高傑作はいまだに龍が如く0です。